MENU

膝の黒ずみを解消するサポーター

膝の黒ずみは紫外線を浴びたり、正座や膝をつくなどの動作で肌が刺激されて、色素沈着を起こすことが原因といわれています。
黒ずみを放置していると、毛穴が目立ったり、角栓ができてしまうことがあるので日頃のケアが大切です。
刺激や摩擦から膝を守るために、サポーターで保護すると良いといわれていますが、選び方も大切です。
ゆったりサイズのものを選んでしまうと、動くたびにサポーターがずれて、かえって肌に刺激を与えてしまうので、摩擦がほとんどない、膝にフィットしたサイズのもののほうが良いでしょう。
しかし、膝にサポーターを1日中つけたまま生活するのは難しいのが現状です。
最近ではサポーターの膝の部分に、黒ずみの原因である、メラニンの生成を抑制する効果があるアルブチンや、コラーゲンの生成を促進して、肌にうるおいを与える働きがある、ビタミンC誘導体などの美白成分が入ったものが販売されています。
美白成分を浸透させるために、お風呂上がりや就寝前にサポーターを装着し、そのまま朝を迎えるといった方法で使用している方もいるようです。
膝の黒ずみ解消サポーターは、手軽にケアができるので便利ですが、ゆっくりと時間をかけてケアすることが大切です。