MENU

膝が黒い|膝の黒ずみを治すためにクリームを使ってみた

膝の黒ずみをクリームでケア

膝の黒ずみは年齢とともに増していきます。もともと関節は動かすために皮膚が伸縮して黒っぽく見えてしまう部分です。肌は紫外線の刺激などにより、メラニン色素が増加しますが、膝は体の中でも皮脂腺が少ないので皮脂や汗がほとんどなく、潤いが少ない部分なのです。そのため刺激など対してとても弱いといえます。紫外線の他にも、正座したり、足を組んだり、ズボンの擦れなどの刺激によりメラニン色素が増加してしまい色素沈着してしまうのです。この黒ずみを治すためのケアの方法として、日々の習慣を見直すことがあげられます。必要以上に床に膝をつけない、締め付けすぎるズボンを避ける、ナイロン製のものでゴシゴシこすらないなどちょっとした心がけが大切です。そして、黒ずんでいる部分への保湿を継続します。皮膚の脂分が少ないと皮膚が硬くなってしまい、黒ずみが進んでしまいます。お風呂で洗うときはやさしくマッサージし角質をとって、そのあとクリームなどで保湿を心がけます。膝の黒ずみ専用のクリームには、美白成分と保湿成分がたっぷり含まれています。こうしたケアを日々継続していくと肌のターンオーバーが正常化し、新しい皮膚が生まれて黒ずみとさよならできます。

膝の黒ずみをスクラブで落とす

膝は、割と年齢や日ごろのお手入れの差が出やすい場所であり、ツルツルで黒ずみのない膝だと若くて美しい脚に見えますね。
しかし、意外とここは見落としがちなところで、顔やボディのお手入れをきちんと毎日している人でも、黒ずんでガサガサの膝になってしまっていることが多いです。
自分の膝を見てみて、これはやばいと思ったら、さっそくお手入れを始めてみましょう。
まずどうやって黒ずみを綺麗にするのかというと、色々な方法が考えられますが、スクラブ石鹸で洗うのが一番簡単といえます。
黒ずんでいるのは古い角質や汚れが蓄積したものなのですが、これは普通の石鹸で洗っていてもなかなかとれるものではありません。
スクラブ入りの石鹸なら、そんなしつこい蓄積した角質なども綺麗に剥がして落としていくことができます。
一回では綺麗にならなくても、定期的に使っていれば違いがよくわかるでしょう。
ただ気を付けなくてはいけないのは、毎日使用していると、かえって必要な角質や皮脂なども落としてしまい、肌荒れにつながるという所です。
早く何とかしたいと思っても、我慢して週一くらいの使用にとどめておいた方が無難でしょう。
自信をもって足を出せるように、スクラブで綺麗な膝を手に入れましょう。

膝の黒ずみを改善にはハイドロキノン

膝の黒ずみは夏など、肌を露出する機会が多くなると、とても気になります。
夏以外でもスカートをはくときには気になります。
ストッキングでごまかすことも可能ですが、夏のストッキングは蒸れて暑くなります。
また、夏はストッキングよりも、素足の方が魅力的で解放感もあります。
夏の海水浴やプールでは、露出するためごまかしようがありません。
そんななか、気になる膝の黒ずみ対策ですが、ハイドロキノンというものがあります。
もともとは、顔などの黒ずみやシミを漂白するための成分です。
その漂白力は強力で、皮膚の黒ずみだとほとんどの場所に対応可能です。
このハイドロキノンを使うと、長年蓄積した膝の黒ずみでも漂白してくれます。
特に日本のように、畳み生活の場合は畳の上で膝をつくことが多くキズや黒ずみの原因になります。
また、擦り傷などによっても黒くなることがあります。
そんなときには、強力な漂白機能があるハイドロキノンで対策できます。
夏になる前からの対策で、夏の露出に備えることが大切です。
また、夏でも油断はできません。
常日頃から膝をケアすることで、きれいな膝を保つことが可能になります。
黒ずみのないキレイな膝は、イコールキレイな脚になります。